ベリーダンスで使うヒップスカーフについて

ベリーダンスを踊るときには、ヒップスカーフを着用するようです。

ヒップスカーフとは、ベリーダンスの衣装の一部で、スカートの上に腰に巻きつけて使うものだそうです。

トルコではシャキーラとも呼ばれているそうです。

音楽に合わせて腰を振るとシャラシャラという心地よい音が鳴ります。

たくさんのコインや軽いメタルビーズがついていると、上等でよい音がするそうです。

最近では、オリエンタルブームもあって、ファッションアイテムとしても注目されているようですね。

パーティなどでドレスの上に羽織るだけでも華やかになりそうです。


ベリーダンスのスカートはシフォンスカート(パンツ)で無地のものがほとんどです。

これは、上にヒップスカーフを巻くのが前提のようです。

ヒップスカーフにも色々な種類があって、手編みのネットタイプのもの、コインベルト、シフォン製のスカーフもあるそうです。

シフォン製のものは長方形のレンタグル、三角形のトライアングル、ジプシー風などと形も様々です。

中には、上につけるブラジャーのようなものとセットになっているものもあります。

価格帯は、ヒップスカーフ単品で、5000円未満といったところのようです。

全体に共通しているのは、コインやビーズ、フリンジなどで装飾が施されているというところです。

これはベリーダンス独特の上半身や腰周りの動きをより美しく見せるためのものでしょう。

たしかに、ベリーダンス特有の腰の動きに合わせて動くビーズやフリンジは、それだけで独特の幻想世界へと導いてくれるような気がしますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。