ベリーダンスに使うアクセサリーはどんなものがあるの?

ベリーダンスのファッションを楽しむのと同時に、ダンスをより美しく引き立たせてくれるもの…

それがアクセサリーやその他の小物用品です。


ベリーダンスにアクセサリーの決まりは特にありませんが、ベリーダンスコスチュームのオリエンタルで煌びやかな感じの素材や色調などと合わせてアクセサリーを用いることが多いようです。


アクセサリーの主なものは、ネックレス、チョーカー、イヤリング、ピアスなど…。
ネックレスやチョーカー、イヤリング、ピアスはベリーダンスのコスチュームに合わせてコインやビーズが用いられたもので、煌びやかな印象のものが多いです。

重量感があるように見えるアクセサリーも、実はベリーダンスの動きに対応できるように軽くできているものもあるそうです。
イヤリングやピアスもベリーダンスの動きをより美しく引き立てるように、長く下がったコインやビーズが施してあるものが多いようです。


ブレスレット、アンクレットも使われます。
ブレスレットやアンクレットをつけてベリーダンスを踊ると、よりゴージャスな雰囲気をかもしだすことができます。
ブレスレットやアンクレットもまたネックレスと同様に、ベリーダンスのコスチュームに合わせてコインやビーズが使われていて、煌びやかなものが多いということです。
カフスは金具の留め金が開いて、腕首にピタッとはめるようになっています。
アンクレットというのは、足首にはめるブレスレットのことです。


アサヤやスワードも用いられます。
アサヤというのは、ステッキのことだそうです。
ベリーダンスの踊りの中で小道具として用いられます。
アサヤは、デパートの紳士用品売り場で売っているようなステッキのようで、取っ手の曲がったものや直線型のものなど、いろいろな種類があるそうです。スワードは剣のことです。


ジルもあります。

ジルはフィンガーシンバルのことで、小さなシンバルの真ん中に穴があって、そこにゴムや紐を通して両手の親指と中指にはめて使います。

指輪のようですね。

ジルの大きさはさまざまあって、直径5センチくらいの真鍮性のものが一般的なのだそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60150261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Crossfor New York ネックレス DNPN70
Excerpt: Crossfor New York ネックレス DNPN70・ビーズや運動会や。。。その他いろいろ1週間・ベリーダンスに使うアクセサリーはどんなものがあるの?・「カースタンドセットポータブル」 「アク..
Weblog:
Tracked: 2007-10-24 14:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。